• bluetoothやwifiと最近のタブレット

    新型のタブレット端末にはbluetoothとwifiが標準仕様として搭載されています。


    現代的な無線規格であり、その2種類は使い勝手に優れたものです。

    まずbluetoothが搭載されている事で、色々な周辺機器を連動させられます。

    ワイヤレスキーボードやワイヤレスマウス、ワイヤレスヘッドホン等、色々な周辺機器とリンクさせる事が出来ます。

    以前からワイヤレス状態で使える周辺機器はありましたが、無線の規格が赤外線などでした。


    赤外線は障害物に弱いため、タブレットと周辺機器が少しでも離れると、連動が途切れてしまいます。

    bluetoothタブレットの情報が欲しい方必見です

    そのため、ほとんど有線でヘッドホンやキーボードを使う状態と同じになってしまい、赤外線通信だと殆どワイヤレスの意味がありませんでした。

    産経ニュースのお得情報を用意いたしました。

    対してbluetoothだと障害物に強く、また消費電力量も節約されて設計されています。そのため、バッテリー切れに頻繁に悩まされる事はありませんし、一度フル充電すればストレスなくワイヤレスマウスやワイヤレスキーボードが快適に使えます。



    wifiに関してもbluetooth同様にやはり利便性が高い現代的な規格と言えます。
    今では多くの家や公共施設にwifiルーターが置かれています。タブレットにwifiが搭載されていれば、セキュリティ力が高く、それでいて高速アクセスが可能なwifi接続が可能となります。


    普段はキャリア契約をした携帯電話会社の電波を利用している方も、タブレットで無料wifiが使える環境にあるなら、そちらを利用した方が通信費の倹約になります。